• 最新情報
  • つくる会について
  • 記念地
  • 過去の記録
  • 会員
  • 募金
  • 催し物
  • 原爆の体験を語る
  • インフォメーション
  • Links
  • 連絡先
  • 本サイトについて

日本語碑文テキスト


1945年8月6日と8月9日に
広島と長崎に投下された原爆によって
犠牲となった人々を追悼して

連合国によるポツダム会談が
1945年7月17日から8月2日まで行なわれ、
その間、アメリカのハリー・S・トルーマン大統領が
正面にある邸宅に滞在していた。

1945年7月25日、
アメリカ大統領の同意の下、
ワシントンから軍の原爆投下命令が下された。

原爆の破壊力は、数十万人の人々を死に追いやり、
人々に計り知れない苦しみをもたらした。

核兵器のない世界を願って

(被爆石の説明)
上に埋め込まれた石のうち、
左が長崎から、右が広島からきた石です。
石はあの日、原爆によって被爆しました。
現在、もう石に危険はありません。


 Copyright 2006 - 2010©, Hiroshima-Platz Potsdam e.V. All richts reserved.